静岡県の就職情報サイト 静岡県で就職しよう

靜甲株式会社

  • メーカー ( 機械・工具・部品・金属 )
  • 商社 ( 総合商社 )

当社は創業80年を超える機械メーカーです。「自動包装機械」などの産業機械や、省資源・省エネルギー・高強度などで広く採用されている「冷間鍛造」部品の製造というメーカーの顔だけでなく、商社としての顔も併せ持っています。そのため、技術者だけでなく、商事事業部での営業職、管理部門での総合職など、いろいろな職種の社員が活躍しています。さまざまな職種があるからこそ、自分の強みを生かしてそれぞれの分野で活躍できる、それが『靜甲』の強さであると思っています。一人ひとりの力をチームの力へ、そこから生まれる力・技術力を地域だけでなく全国へ。創業100年に向けて、これからも成長し続ける企業です。

静岡県静岡市清水区天神二丁目8番1号

  • 若手が活躍
  • Uターン・Iターン学生を歓迎
  • しずキャリでエントリー受付中
  • 東証JASDAQ上場

オススメのフィード記事

すべてを見る

事業・仕事のやりがい WHY WE DO

製品仕様の打合せから製造まで、一貫して携わります

例えば自動包装機械の場合、お客様がどんな商品をどのように包装したいのかという要望のヒアリングに始まり、それを実現する仕様の打合せ、開発・設計、製作まで社内で手がけます。機械系出身者のほか、ロボットの制御などで電気・電子系出身者が活躍しています。この他、さまざまな専攻のエンジニアが、納期だけでなくお客様の期待を超える製品の完成に向け、協力して仕事を進めていきます。また、新製品の開発も積極的に進めています。若手社員の意見やアイデアを積極的に吸い上げ形にする社風は、包装機械部門、冷間鍛造部門、商事部門ともに共通しています。

風土・仲間 CLIMATE AND FRIENDS

靜甲の歴史は、新しいことへの積極的なチャレンジの歴史

当社は1939年の創業以来80年以上にわたり、お客様に信頼され、必要とされる企業を目指してきました。金属を常温で加工する「冷間鍛造」は、省資源・省エネルギー、高強度、品質安定、コスト低減など、数々の優位性を秘めた技術であり、電動工具部品、自動車部品、事務機・産業機械部品などに採用されています。当社では、金型製造を含めた全工程の内製化により、45年以上にわたり、品質の向上に努めてきました。長年培った当社独自の技術とノウハウを駆使し、価値ある革新的な製品やサービスを提供するのが私たちの使命だと考えています。

会社データ Company Data

事業内容

当社は、業界のトップレベルを行く技術と生産実績を持ち、自動包装機械の製造と冷間鍛造製品の生産を行う生産部門、ならびに国内有力メーカーの製品(総合電機設備・機器等)を静岡県下を中心に販売する商事部門を両輪として新しい飛躍に挑戦しています。

★包装機械の開発、設計、製作
ドレッシングや醤油、シャンプー、化粧品・・・液体商品を容器に充填・キャッピングする機械です。
「いつも使っている!」「店頭で見たことがある!」身近な商品も靜甲の包装機械でパッケージングされているものがたくさんあります!
当社の機械は、お客さまのご要望に合わせたオーダーメイドです。毎回新しい発見や創意工夫が生まれる、ものづくりの醍醐味が凝縮された事業です!

★冷間鍛造部品の製造
インパクトドライバーなどの電動工具や自動車、フォークリフト・・・そんな工業製品に使用される金属部品を製造しています。
冷間鍛造とは、金属材料を常温で圧縮成形する技術のことです。高強度、高品質、低コストといったメリットをもつ技術です。
当社は営業・提案、金型の設計・製作、製品生産、品質管理までの全行程を一貫して自社工場内で実施します。材料が加工され、製品になって出荷されるまでを目の届く範囲で厳しく管理することで品質を担保しています。

★総合電機設備・機器、空調設備、タイヤ等の販売
シーケンサーやモーター、非常用発電機、空調システム、タイヤ・・・大手メーカーの販売代理店として、ビジネスの現場で欠かすことのできない商品を取り扱います。
長きに渡って培った深い信頼関係をベースに、お客さまに寄り添うパートナーであり続けます。

代表者

取締役社長 鈴木惠子

設立

1939年5月(昭和14年)

従業員数

単独426名/連結812名 (2021年4月1日現在)

売上高

単独 約112億円/連結 約316億円 2021年3月期

資本金

1億円

工場

静岡市清水区、三島市、富士市

関連会社

静岡スバル自動車株式会社、日本機械商事株式会社、株式会社エコノス・ジャパン、静岡自動車株式会社 他

主要取引先等

(販売)日本機械商事株式会社、井上特殊鋼株式会社
(仕入)三菱電機株式会社、三菱電機住環境システムズ株式会社、住友ゴム工業株式会社

沿革

1939年(昭和14年)
静岡県旧清水市において清水精機株式会社を設立(5月18日)。航空機部品の製造を開始。

1946年(昭和21年)
社名を静甲いすゞ自動車販売株式会社に改称。いすゞ自動車株式会社の自動車の販売を開始。

1947年(昭和22年)
社名を静甲いすゞ自動車株式会社に改称。

1951年(昭和26年)
株式会社鈴与機械製作所と合併し、鋳物製造並びに液体自動充填機、産業機械の製造販売を開始。

1968年(昭和43年)
静岡スバル自動車株式会社(昭和34年3月設立)を子会社化。

1983年(昭和58年)
静岡県下のいすゞ車の販売業務を静岡いすゞ自動車株式会社に譲渡。社名を靜甲株式会社に改称。

1990年(平成 2年)
株式を社団法人日本証券業協会に店頭登録(現JASDAQ上場)。あき缶自動選別回収機CANBOYを開発。

2008年(平成20年) 
株式会社エコノス・ジャパンを完全子会社化。

2010年(平成22年)
静岡スバル自動車株式会社を完全子会社化。

2017年(平成29年)
日本機械商事株式会社西日本を連結子会社化。

2020年(令和2年)
株式会社共和テック、有限会社清水久米タイヤサービスを完全子会社化。

本社所在地

静岡県静岡市清水区天神二丁目8番1号

事業所

静岡市清水区、三島市。富士市、沼津市、浜松市、東京都千代田区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!