静岡県の就職情報サイト 静岡県で就職しよう

職員を紹介します~ねむの木学園星に祈る所属の田中さん①~

 

ーねむの木学園を知ったきっかけは何ですか?

 ねむの木学園の職員となって4年目になります。現在は、事務員として庶務・会計全般にわたる仕事に携わっています。

 私は、掛川市出身ということもあり、なんとなくそういう施設があることは知っていました。

 就職活動をしている中で、就職サイトの検索で(ねむの木学園が)出てきて、どんなところなんだろうと目に留まり、見学に行くことを決めました。

 

ーどうしてねむの木学園で働きたいと思ったのですか?学園で働くことの魅力は何だと思いますか?

 見学に行った際、学園の様子や日々の活動・力を入れていることなど詳しい話を知りました。その話や施設の雰囲気・子どもたちの楽しそうな姿を見て、もっと学園のことを知りたい、私にも力になれることがあるのではないかと思い、就職を決めました。

 また、日々の活動を発表する場として、運動会や美術展を行っています。一般のお客様がとてもたくさん見に来てくださり、感動して涙を流す方もいらっしゃいます。準備など大変なこともありますが、経験できないことをできるところが魅力です。

 

社会福祉法人 ねむの木福祉会(ねむの木学園)

 心身に障害を持ち家庭での生活が困難なこどもたち・大人の方々が誇りある生活を送れるように、様々な職種の職員が協力して支援にあたっています。  障害を持つ人も健康な人も共に生活できる環境を目指して、豊かな自然環境の下、当学園を起点として様々な文化的施設を運営しています。  それは「ねむの木子ども美術館」「吉行淳之介文学館(茶室<和心庵>併設)」「こどものお店(雑貨屋さん・毛糸屋さん・お花屋さん)」「喫茶MARIKO」です。そして茶室<和心庵>・こどものお店・喫茶室MARIKOでは、職業実習の場として大きくなったこどもたちが働いています。    様々な職種の職員が全国から集まって来ており、どこからいらしても安心して働いていただける環境と福利厚生が整っています。男性女性ともに20代から60代までの幅広い年齢層の職員が活躍しています。    決して楽な仕事ではありません。しかし、こどもたち・大人の方々がその人らしく生活していけるようにお手伝いできること、そのことこそが私たち職員の誇りであり、なんといってもやりがいのあるお仕事です。


  • すべてのこどもたちに可能性がある
  • あなたのやる気から全てがはじまる
  • 男女とも幅広い年代・多様な職種の職員が活躍
  • 福利厚生が充実
  • SJCナビでエントリー受付中

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!